• 立体駐車場の特徴とは

    • 立体駐車場は複数の階層を利用することで、同じ土地の面積に駐車できる車の数を増やすために使用されるものであり、運転して駐車位置まで移動させる自走式と、機械で車の昇降を行うものがあります。

      いずれもメリットとデメリットがあるため、利用できる土地の面積と長期運用するために必要なメンテナンスを考慮して使いやすいものを導入すると良いでしょう。

      立体駐車場に関しての情報が閲覧できます。

      立体駐車場としては自走式が一般的であり、使いやすいこととメンテナンスの手間がかからないことが特徴です。



      スペースを有効活用するために全体に傾斜のついたらせん状の構造になっているものもありますが、基本的な構造としては平面駐車場に階層を移動するためのスロープが付いたものになります。
      通路やスロープの傾斜を緩やかにするために土地の広さが必要になりますが、メンテナンス費用が安く、コンクリート製であれば耐用年数は30年以上になるため、長期運用が可能です。
      機械式の立体駐車場は通路が必要ないため、駐車効率が高いことが特徴です。

      ただし、機械を使うことによるデメリットも多く、不注意で巻き込まれる事故が起きたり、故障によって車が出せなくなります。

      メンテナンス費用も高く、耐用年数も15年と短いです。

      15〜20年程度で建て替えることが多いので長期運用には適していません。

      マンションで導入する場合は積み立てた修繕費が充てられることになり、この影響で修繕費が上がる場合もあるので車を使わない人にも影響が出ます。



  • 知っておきたい常識

  • サポート情報

    • 立体駐車場の種類とメーカーについて

      スカイパーキングとも呼ばれる立体駐車場は、建物が密集している狭い場所でも自動車を大量に駐車させるために考案された立体式の駐車場です。自動車1台を駐車するには約15平方メートルの面積が必要ですが、立体化して1台分の面積を多層化することにより、同じ敷地面積で多数の自動車を駐車させることができます。...

  • 生活のテクニック・生活が気になる方