Google Maps APIsを使ってみよう

GoogleMapsAPIsはグーグル社が提供する地図サービスをウェブサイト内で活用するためのAPIの総称です。GoogleMapsAPIsは個々のAPIを単独で利用する事も出来ますし、複数を組み合わせてグーグルマップを使う事も出来るようになっています。自らのウェブサイトにグーグルマップを挿入したり、ウェブアプリケーションとして利用出来るようになるのがGoogleMapsAPIsの特徴です。飲食店や企業ホームページにアクセスを行った時、ウェブページ内にグーグルマップが掲載してあり、どのように挿入しているのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

また、それぞれのウェブページに掲載してあるグーグルマップに登場するアイコンが異なっている場合などもあり、どうすればアイコンを変えて表示が出来るのか疑問に感じている人も多いと言えましょう。GoogleMapsAPIsの中にあるAPIを使えば指定座標の地図を自社サイトやお店のホームページに掲載が出来る、自分達がデザインした画像を使ったマーカーを地図上に表示したり、任意の線を地図上に描く事も出来るようになります。さらに、データベースとの連携を行えば、独自の地図情報アプリケーションの開発が出来るなど、GoogleMapsAPIsには様々な機能を提供してくれるAPIが用意してあります。尚、グーグルマップを使う事でホームページにアクセスしてくれたユーザーに対してのアピールも出来るようになります。

グーグルマップにはストリートビュー機能がありますが、店舗内の3次元画像の製作を依頼する事で、お店の地図だけでなく店舗内の3次元画像を表示させる事も可能になります。SEO対策のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です