Google Maps APIsの目的に合ったAPI

GoogleMapsAPIsはグーグルマップを使うためのAPIの総称です。グルーグルマップのAPIはAndroidを初め、iOSなどのオペレーティングシステム、ウィンドウズやマックなどのオペレーティングシステムに最適化されたAPIが用意してありますが、これは別にウェブAPIやウェブサービスAPIなど目的に応じて利用出来るものが有るのが特徴です。GoogleMapsAPIsは単独で利用する事も可能ですし、複数のAPIを組み合わせて様々な希望、グーグルマップが持つ機能を最大限に利用出来るなどの特徴を持っています。GoogleMapsAPIsは自由に利用する事が出来るタイプとAPI認証が必要なものがあるので、GoogleMapsAPIsを使って開発を行う場合にはAPIキーによる認証を受けておくのがお勧めです。

ちなみに、APIキーは課金となるもの、グーグルにアカウントがあるなどの特徴を持ちます。また、課金はアクセス数で変わるのが特徴で、1日当たりの無料での割り当て数がどのくらいあるのかを把握しておきましょう。例えば、1000アクセスで課金がスタートとなる場合には、アクセス時間の制限を設けるなども重要です。いたずらに何度もアクセスするユーザーが多数いた場合には課金される金額も高額になります。

アクセス数が多いウェブサイトなどは注意が必要ですが、事前に運営を行っているウェブサイトの1週間内でのアクセス解析を行っておくと安心です。例えば、月曜日から金曜日の日中はアクセスが多い、その中でも午後にアクセスが集中しているのであれば、集中する時間だけアクセス可能にしておけば良いわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です