Google Maps APIs

GoogleMapsはグーグルの地図検索サービスです。スマホアプリなどで利用するシーンがとても多いと思います。グーグルから提供されているAPIsを使えば自分のWebサイト上にアクセスマップを表示することができます。おなじみのGoogleMapsをそのまま掲載することはもちろん、JavaScriptを駆使して見た目をいろいろカスタマイズすることも可能です。

GoogleMapsはほとんどのwebサイトでは無料で使えます。しかし、大量のトラフィックがあるサイトでは使用量の制限がされ、課金される場合があります。1日あたり地図の生成回数が25、000回以上で90日連続以上の連続した場合にグーグルから課金の連絡が行われます。APIsキーを登録して利用すると地図の利用状況を確認できるようになります。

使用方法は、まずウェブ向けGoogleMapsAPIGoogleDevelopersでAPIsキーを取得します。キーの取得ボタンを押して指示に従っていくと、9種類のサービスが有効になったAPIsキーが取得できます。こうして取得したAPIsキーはそのままでは制限がかかっていませんので、誰でも利用できてしまいます。その為、自分のWEBサイトのみで動作するように認証情報を設定して制限をかけます。

こうして取得したキーを使うにはページのヘッダー、又はフッター、又はbody内にScriptを読み込むコードを記入します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です