無料が嬉しいGoogle Maps APIs

グーグルマップは地図としての機能だけでなく交通機関などの周辺情報も充実してる無料地図サービス、旅先や初めて行くショップの場所の確認などをネットで確認するときには非常に便利です。GoogleMapsAPIsはグーグルマップを無料でサイトに組み込めるサービスです。グルメ系や旅行サイトなど、地図情報があると訪問者は気軽に行ってみようという気分も盛りあがります。地図をサイトで使用する有料サービスもありますが、高額で気軽に楽しんでいる個人サイトには不向きです。

GoogleMapsAPIsなら、誰でも無料で使うことができるのです。初めてGoogleMapsAPIs利用するためには、GoogleMapsのサイトにアクセスしてAPIキー〔認証情報〕を取得する必要がありますが、使い方そのものは比較的簡単で、ホームページを作成する程度のHTMLやJavaScriptの基礎知識があれば、誰でも使うことが可能です。指定した座標の地図を表示させて、分かりやすくマーカーを設置したり、情報ウィンドゥを表示させることもできます。データベースと組み合わせれば、独自の地図アプリを作成することもできるのです。

嬉しいことずくめのGoogleMapsAPIsですが、使用には制限とデメリットもあります。地図の下の部分にロゴが表示されることと、1日あたりのページビューが5万を超えるサイトはグーグルの承認が必要になります。また使用する文字コードがUTF-8という制限があるためCSSやCGI、JavaScriptが利用できない場合もあるので使用するときは注意が必要になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です