GoogleMapsAPIプレミアムプラン

自治体などの多くの公共機関では、未だに地図情報の殆どを紙媒体で管理しており、地図購入に高額な費用をかけています。地図情報は常に更新されるものなので、更新の度に購入すると相当な金額になると言えます。一方、地図情報をデジタルで管理している自治体であっても、従来のGIS(地理情報システム)を導入しているケースが多く、GISの操作に不慣れな新規職員にとって、扱いにくくなっているわけです。加えて、GISは導入や維持に相当や費用がかかり、一度導入すると他のシステムに変えるのが難しくなると言えます。

それに対して、Googleマップの標準プランを活用した「市内施設マップ」等も開発・販売されており、導入費用が大幅に抑えられています。現在は自治体のホームページに留まらず、自治体全体の業務にも使える「GoogleMapsAPIプレミアムプラン」も販売されています。Googleマップならではのストリートビューの機能が盛り込まれており、利用者の利便性が向上されています。さらに、GoogleMapsAPIプレミアムプランでは、地図情報と勤怠管理情報が連携されるシステムになっており、業務の効率性アップにも貢献出来るわけです。

Googleマップの操作性に慣れている人は多いので、独自の地図システムでは使いづらく感じる職員が大半だと言えます。特に防災計画を立てる際には、短時間集中的に業務を進めなければならない事態も想定されます。それ故、操作性に慣れているGoogleマップを使えるGoogleMapsAPIプレミアムプランは、最適な地図情報システムになると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です