GoogleMapsAPIの概要と有料版の利便性

インターネットを利用した事があれば、地図コンテンツを見た事があるでしょう。例えば、購入目的の商品やサービスを、販売しているショップに出掛けようとする場合、ビジネスで顧客企業に出向く時等が一般的な使い方と言えます。しかしながら、GoogleMapsAPIを利用していないタイプの地図コンテンツは、利便性という意味では使い勝手という観点では今ひとつでした。何故なら、地図の静止画が埋め込んである静的なものか、あるいは余り親切とは言えない、地図コンテンツ提供企業のサービスを利用するものだからです。

一方のGoogleMapsAPIを利用した、地図コンテンツは拡大・縮小レベルが何段階か設けられており、更には目的地周辺の地図も調べられます。更に付け加えるなら、このGoogleMapsAPI使用の地図コンテンツは、追随して反映する仕組みを取り入れているので、大変使いやすく実務的なツールと言えるでしょう。GoogleMapsAPIには、無料版と有償版が用意されており、前者は前述した機能を使えますが商用として利用する場合は、有償版を利用する必要があります。有償版では無償版の様に、地図コンテンツの側に自動広告が挿入されませんし、手厚いサポートを受けられるメリットは大きいと言えるでしょう。

また有償版はパソコンだけに留まらず、GPS付きのスマートフォンで、人や自動車等を追跡する機能等も利用出来るので、応用範囲は工夫次第で広がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です