インターネットで想像出来る今後

各家庭に普及したインターネット回線は、今後も高速化の研究は続けられますし、技術的に実現するのは可能ですから、地域や時間差を感じず瞬時に表示出来る環境は時機に達成されます。また、現状では端末を持ち歩いたり取り出すのは前提ですが、時計程の薄さや小型化は実現しているので、過去の道具と遜色が感じられない程度に距離感が縮まりつつあります。空想作品では端末が体と一体化し、脳内で会話を行ったり、外部に記憶が残せる技術が登場していますから、実際に実用的な方法が誕生するならインターネットは激変しますが、少なくてもしばらくは現在の延長線上と考えられるので、数年間の内に劇的な変化を感じるのは難しいといえます。しかし、インターネットが高速な状態が当たり前になり、無線でも家庭やオフィス並に使用感が高まれば、通信の技術は一歩前進しますから、新しい使い道やより深く日常に浸透する環境が実現します。

時間と国境を越えた情報伝達が第一段階で、次に使用場所を選ばない端末の普及が行われ、現在もその流れは続いている状況ですが、この進歩の重要性はインターネットに直結しますから、着実に進む必要がある変化になります。今はスマートフォンのバッテリーを気にしたり、通信費を考慮してインターネットを楽しむ時代ですが、やがては常にオンライン状態が継続すると予想出来ますし、各家庭の機器が通信機能を持てば境界は曖昧になりますから、人が機械の存在を意識したり関与しなくても、自動的に連携して生活を豊かにする状況が次に現れる姿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です