計算用サーバーの作成について

投稿日:

計算させたい場合に注意したいのがCPUで計算させるのか、GPUを利用するのかです。GPUを利用する場合は大きく分けて2つの方式があり、1つはグラフィックボードを利用する場合と、計算専用のGPUボードを利用するケースがあります。両者ともドライバ等は共通化されていることも多く、見た目も似ているのですが、価格がかなり異なります。GPUでの計算はNvidia製のカードを利用することが多いですが、AMD製のカードも登場してきています。

Nvidia製のカードの場合はサーバー向けでの製品化が行われており、単体で計算させられる機種もあります。AMD製の場合はビデオカードを転用することが多いです。両者とも電源が大容量な物が必要となることが多いので利用する電源は注意が必要です。また、複数枚搭載できるサーバー向けのマザーボードであるかも注意したいところです。

ビデオカードを転用する場合でも転送レートがインタフェースによって変わってきますので各サーバのインタフェース仕様は要チェックです。サーバーとして販売されている機種の多くはGPUカードを主に扱っていない機種が多く、インタフェースが無い場合も少なくありません。その場合はXEONなどの計算に向いたCPUを利用することで対応します。XEONとIシリーズが主に利用されるCPUですが、コア数の他、キャッシュ量がかなり違うので計算するライブラリ等と合わせて選択したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です