サーバーで音楽を聞くということ

Linuxなどを利用してファイルサーバーを構築している方の多くは音楽データも共有してリモートで音楽を聞いていると言われていますが、音楽専用サーバーを構築する方も多くなっています。音楽専用サーバーはVertexboxなどのLinuxOSを利用して構築されることが多く、マウスも付けずにリモートで操作できる、また、音楽データをDAAPプロトコルを使って直接読み取るのでスムーズにアプリケーションに取り込めると好評です。DAAPはタグも扱えますからローカルにあるかのように音楽をきけます。ただし、サーバーに直接スピーカーを付けて利用するときは注意したいポイントがあります。

それはサウンドカードがなかったり、音質が悪いということです。PCを転用している場合でも光端子がない機種は音が悪くなることが多いです。そこで利用したいのがUSBDACです。USBに繋ぐアンプであり、デジタルデータである音楽ファイルをきれいな状態でアナログ変換してスピーカーに転送してくれます。

USBがあればほとんどの機種で利用できますので使い勝手はとてもよいです。また、LINUXならドライバもほとんどデフォルトで入っていますのですぐに使えます。価格も数千円からと手頃なのもうれしいところです。サーバーをオーディオコンポのように使うならOSの選択とUSBDACの利用で低コストで立派なシステムが作れます。

また、CDドライブもあればリッピングも簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です