VPNサーバーの構築

VPNを使えばリモートから自社や自宅のサーバーに安全にアクセスすることができます。ルーターなどでもVPN機能をもっている機種が増えていますが、比較的低スペックな機種やRaspberryPiでも動作するので自作する方も多くなっています。VPNサーバーの構築にはいくつか方法がありますが、簡単な方法としてはOpenVPNなどのオープンソースソフトウェアを利用するのがおすすえです。OpenVPNはLinuxだけではなく、FreeBSDなど多数のディストリビューションやOSでサポートされています。

インストールが簡単なことに加えて利用できるVPN用のプロトコルも多いです。VPN用のプロトコルとしてはPPTPがあり、多くのOSでサポートされています。また、LAN同士をつなげるIPSecなどにも対応するので規模を大きくするのも簡単にできます。VPNサーバーを作る場合はソフトウエアのインストール後にファイアウォールの設定をします。

ルーターを使っている場合はルーター側もVPNプロトコルが通るように設定します。ルーターによってはスルー機能がある場合も多くなっており、設定しやすくなっています。VPNサーバーのファイアウォールの設定は各プロトコルごとに利用するポートが違うので要注意です。ポートについては特に複数あけなくてはならない場合に間違わないようにします。

設定後は外部からアクセステストとなりますが、IPアドレスがプロパイダによっては頻繁に変わるので要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です