musicサーバーを作る

musicサーバーは音楽データを直接スピーカーまでもって行けるのできれいな状態で音を鳴らす事ができる仕組みです。市販されているデバイスもありますが、自作することも簡単です。利用するのはPCでもRaspberryPiでも構いません。重要なポイントはLinuxであることと、USB端子があることです。

Musicサーバーではリモートにあるデバイスからも音を鳴らせるようにします。そのためにはファイル共有機能が必要なのですが、その際、NASではなく、直接音楽データを扱えることが重要です。このたえにDAAPというプロトコルに対応したアプリケーションを利用します。アプリケーションの多くはフリーであることが多く、選択はしやすいです。

Musicサーバー側でもDAAPに対応した各種サーバーアプリケーションがありますが、オススメはLINUXで動作するタイプです。Linuxはさまざまなディストリビューションがあり、専用で使えるタイプもあります。もし、Linuxを入れたPCやRaspberryPiを音楽専用で使うならVertexboxなどが利用できます。専用化することでキーボードもマウスも必要なくなります。

専用のアプリがスマホ向けに用意されますのでリモコンのように利用して電源のOFFも可能です。音楽データについてはCDからのリッピングにも対応していて、CDドライブにCDを入れるだけで自動的にリッピングして利用できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です