過度なSEO対策に注意

サイトを検索結果の上位に表示させるために行われるSEO対策ですが、過度にやってしまうと不審に思われて、ペナルティを課せられると言うことが起こる恐れがあります。検索エンジンはユーザーに有益な情報を与えるために、サイトを評価しています。その結果は適正でなければならないのですが、不当に行われた対策によって中身の質とは釣り合わない評価を得るようなサイトは、排除したいと考えているからです。SEO対策を過度に行うということはどんなことでしょうか。

例えば必要以上にキーワードを埋め込むことなどが考えられますが、ある時期からそのようなことをするとスパムサイトとして認識されてしまうこととなり、いまでは廃れてしまった対策です。よく行われるのが架空サイトからの外部リンクを作り上げて評価を上げるというものです。多くの人が信頼していると偽装していることで、結果の信頼性を歪めてしまいます。当然中身はそれほど優れていないのにランクだけが高くなると言う現象が発生します。

SEO対策を適正に行うと、質の良いサイトが出来上がるはずです。それを検索エンジンもユーザーも求めていて、最終的には全体の底上げにもつながることが期待されます。そのようなシステムを歪めるような行為があれば排除されるのは致し方ないことです。故意にやらない限り、過度とは思われないので、普通にSEO対策をしているうちは問題になりません。

不正につながるので、ランクを上げることだけを目的とするのはやめましょう。SEO対策のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です