初心者向けSEO対策の基本と対策方法

SEO(SearchEngineOptimization)とは、「検索エンジン最適化」とも呼ばれ、自身で管理するのホームページを検索エンジンの検索結果の上位に表示させ、露出度を高めるための技術のことです。検索エンジンの上位表示は、当然ホームページを見てくれる人数(アクセス数)の増加に繋がります。ホームページを管理するうえでSEO対策は必ず行わなければなりません。SEOの目的を深掘りするにはインターネットにおけるブラウザーが存在する意義を理解する必要があります。

それは、世界中の人々が、いかなるデバイスでも、必要としている情報に早く正確にアクセスできることです。SEOの目的もその意義とほぼ同じです。いかに早く、正確な情報を世界中のユーザーに届けるということがSEOの存在意義です。しかし、かつてのSEO対策の基礎は自身のホームページにいかに検索にひっかかりやすいキーワードを詰め込むかという事でした。

そのため、内容はほとんどなく検索キーワードだけが盛り込まれた記事や全く同じ内容のページをブログ内に大量に作成するなどの悪質な手法が大量に生み出されてしまいました。これは結果としてユーザーの役に立たないサイトが上位表示されるという結果を招くことになりました。この事実は先程のブラウザが存在する意義に反するものです。現在ではそういった悪質なホームページが淘汰されるような仕組みが開発されています。

言い換えれば、ホームページの内容を充実させ、ユーザーにとって信憑性がある情報を提供することこそが現代におけるSEO対策の基礎です。サイトの内容を充実することでSEO対策を行うことを「コンテンツSEO」もしくは「ホワイトハック」と言います。これはSEO対策を行う上で基盤となる考え方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です