• メーカーによる立体駐車場の構造

    自動車を保有すると駐車場が必要となります。

    マンションの場合などは特にそのスペースを確保する必要があります。

    立体駐車場のメーカー情報を簡単に調べられます。

    少ないスペースでも効率的に駐車を行うことができる方法として立体駐車場があり、各メーカーは立体駐車場の構造を考えつくり出しているのです。例えばメーカーがつくる立体駐車場として、マンションの駐車場などでも利用されているもので多段方式の立体駐車場があります。


    多段方式というのは駐車している自動車の上下にもう一台駐車できるようにして駐車できるスペースを確保するという方法なのですが、その昇降は油圧式やチェーン式などがあります。メーカーはいろいろな条件にあった方式をつくるため、自走して入庫することができないようなスペースに自動車を格納することができる平面往復方式という方法があります。



    入庫する場所と出庫する場所を決めてそこにリフターがあり、自動車を走行できるレーンに移動するという方法です。

    地下に駐車場を確保するような大規模なものも各メーカーから販売もされているのです。垂直循環式という方法も自動車を入出庫できる場所があり、垂直に配置して連続に循環させるという方法です。


    入出庫の場所は上部、下部であったり中間部でもできるために地下部分を有効活用することができるのです。



    また多層循環方式もあり、円形循環式は連続して循環するので週出庫処理の時間が短く、スペースを効率的に使用することと利用者の負担も軽減できます。